ツイッター勢いランキング(2018年10月27日)

安田純平氏が危険をおかして持ち帰った情報より、現地の人々がTwitterやSNSで発信した情報を分析した方がずっと正確でリアルタイム性も高い、という“事実”は、そのまま旧ジャーナリズムの在り方の終焉を意味し、これを認めることは自己否定につながる。新聞やテレビが彼をもてはやす所以。
SNSの発信は素人だろ!という返答が返ってきそうですが、即時性においては最早オールドメディアは遅れを取っている。TVですらSNSで情報を探す様になってますし。政治的、思想信条として素人の情報を否定するのであれば、ある意味メディア側の選民意識が透けて見えます。
結局のところジャーナリストが持ってくる情報はそのジャーナリストのフィルターを通った情報
現地のそのままの状況ではなく「ジャーナリストが伝えたい情報」でしかない
twitterやSNSによる情報は、現地の通信環境が生きていて、かつ、検閲などの制限を受けていない場合に限り有効なので、現地に赴くジャーナリストは不要ということにはならないんじゃないですかね。情報通信産業を仕事とする者の一意見ですが。
最近ではTVスタッフが視聴者の動画を利用させて下さいとSNSで頼んでるのをそこそこ見かけますが、ソレでもまだ自分達の情報収集能力の優位性は誇示したいのでしょうね。
3年も拘束されていて持ち帰った情報など意味がないですし、5回も拘束されたこの人個人の資質も問わず持ち上げるメディア、終わっていますね。
市民からの情報発信が叶わないウィグルへの取材など、バックアップを整えて自ら報道する覚悟など皆無なのでしょうね。
・Twitterのとある医師の投稿 
安田氏は監禁された酷い環境の証言は医学的に信憑性が低い 
中共に監禁された民主活動家の故・李旺陽さんも1平方メートルの籠に囚われ、照明殆どなし、足が伸びられない、結果、失明に近い、自力で歩けない、肌老けるスピードは通常の3倍。安田さんはどっちも合ってない
フィールドは違いますが、今年の地震、台風災害においても早くて確実だったのはSNSの情報だった。SNSの投稿写真に「使わせてくれ」と群がる旧メディアの醜態も当たり前になりました。私の頭の中では新聞、テレビは既に単なる補完メディアです。
真実なんて
snsでもテレビでも
信用したらいけません。
自分で探し選別するのです。
鵜呑みにしてはいけない。
もう一言一句同意過ぎて何も言うことはない。そういう意味では安田氏はいい仕事したかなと
全くその通りです。アラブの春もSNSの担うところが大きく、戦地での情報含めかなり飛び交っているのに、何故か捕まると英雄視されるジャーナリストのあり方には疑問ばかりです。
捕まらないで仕事をしている人が大半だろうに捕まると英雄視されるとは皮肉なものですね
安田さんは拘束されてたのだから情報なんて無いよ
はぇ^〜そんなにSNSやれるぐらい呑気な一般人が最前線にいるんすねぇ〜知らんかったわぁ〜
一般人なら普通逃げるってそれ一番言われてるから
Twitter等のSNSが存在する前か
らその傾向はありました。
どこかの国(内戦?)に派遣された
特派員より、アナウンサー(東京)
の方が詳しいという…。

現在はSNSの普及でより多くの人
が知ることができる。

ただこれは、ある意味危険と
隣り合わせでもあります。
〇―プファンと言わないと意地悪される典型例ですかね
古田知らんとか運転手野球知らんのかな
古田さんを存じてなかったドライバーさん…?
今日は17時から22時までデイリーポータルZ主催、東京カルチャーカルチャーで #地味な仮装のハロウィン #地味ハロウィン ! 今回は「姪っ子の結婚式に行ってきた人」をやってます。良いお式だったねー! きれいだったねーー! #ハロウィン pic.twitter.com/uTgVFdtyWX
画像
画像
わたくし普段ヒゲを軽く伸ばしてるんですが、妻はヒゲがあまり好きじゃないので、セックスの前にはほぼ必ずヒゲを剃るんですよー、という話を会社で迂闊にしてしまったため、朝出社して顔を見られた瞬間に私が前日に妻を抱いたかどうかバレるという地獄が完成しました。
️バトル後のと妄想漫画

個人的にりおー君は牛乳石鹸の匂いがすると思ってる pic.twitter.com/KKtlTpRJ59
画像
画像
「最近、無印の店員とつきあい始めた元ヤン」のコスプレで参加します! #地味ハロウィン pic.twitter.com/onVGLt94QK
画像
FF外から失礼。設定が限定的で笑いました。
池袋駅近くのロッテリアにて

マクドナルドのマスコットキャラクターのドナルドがハンバーガー食べてた

よく店側も入れたなと
今日は池ハロだからかな pic.twitter.com/K5ywbpQzgu
画像
画像
解説系クソリプ承知で失礼します。
サキュバス、インキュバスは元々ラテン語のsuccubo(下に寝る)とincubo(のしかかる)から来ており、性別ではなく「入れられる方か入れる方か」で分けられています。
つまり、男性型で性対象男で受け役の夢魔は、サキュバスと呼称する方が語源的には正しいです。
なるほど!
ラテン語は今まで触れることが無かったので勉強になりました。
インする方がインキュバスと覚えればいいのだな
チョココロネといえば彼でしょう
頭がチョココロネの男 pic.twitter.com/2RhEfJHEK1
※画像は別タブで開きます
画像
バームクーヘンと言えば苺ましろ
コーラといえばうまるちゃん pic.twitter.com/6aIPZMaZWw
※画像は別タブで開きます
画像
画像
大学芋といえば、小野寺小咲ですぜ。 pic.twitter.com/ibV3bhF4VK
※画像は別タブで開きます
画像
ドーナツといえばカタクリさんだろ!
と思ったけどアニメキャラじゃなかった pic.twitter.com/T7ns0sJ2x3
※画像は別タブで開きます
画像
芋洗い係長を思い浮かべた俺は末期でしょうか?
チョココロネと言ったらジョルノ・ジョバァーナじゃないんですか、、、 pic.twitter.com/fSzcOoOMuL
※画像は別タブで開きます
画像
ドーナツといえば、ワンピースのカタクリさんじゃないですか! pic.twitter.com/UyfOBddUQ1
※画像は別タブで開きます
画像
両儀式→ハーゲンダッツストロベリー味
言峰綺礼→麻婆豆腐
ガッシュ→ブリ
角谷杏→干し芋 pic.twitter.com/9BoQA0t0eX
※画像は別タブで開きます
画像
画像
画像
画像
新幹線、まさかの前の席の人がフォロワーさんで「大阪ついたら起こしますから安心して寝といてください!!!」ってめっちゃ頼もしく言ってくれたんだけど今トイレの帰りに見たら爆睡してた。何だお前!!!
なるほど…!
(*'▽')つまりそうやってやしろさんを翻弄して寝過ごさないようにさせるとは…やりますねw 高度な寝落ち対策なんでしょうか…!
ツィートのネタ出来たんでむしろ感謝ですねw
フィギュア見たい方へ。
前提として日本シリーズの放映権をとるには「全編を放送する事」という義務があります。これにより、テレビ局側は、意地でも放送延長をしなければいけません。
今回に関しては、野球が2時間半の枠で終わると考えたテレ朝が悪いと思います。
#日本シリーズ #フィギュアスケート
公式戦より30分遅い18:30開始。
せめて番組表に「フィギュアは22:00~」ってしなきゃね。
21:00~放送出来るはずがない。

延長戦になりましたが。
後の番組は休止になってもいい日にしなきゃですよね。
なるほど!
そういう制約があるのですね…知りませんでした…
自分は野球よりもフィギュアスケートの方が見たいので、
「番組編成下手くそなテレ朝のバカヤロー」
って心の中で叫ぶしか無いのですね>_<
テレ朝は日本シリーズをフィギュアファンにも見せたかったんやろうなぁ
だとしてもクソリプ送って罵倒していい理由にはなりませんな。
野球が自らどんどん嫌われてくのは秋の風物詩ですね。

外から失礼しました。
私の周りのフィギュアファンは
変なテンションで野球も
楽しんでるようですヾ(@゜▽゜@)ノ
金(n+5)「n年B組ーーー!!!」

任意の生徒「金(n+5)先生ーーー!!」

ワーーーー!(任意の生徒) (任意の生徒)(任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒)(任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒) (任意の生徒)(任意の生徒)
ゆっきーなちゃんとの追いかけごっこやで^^ちぃたん☆は足が速いけどすぐ転ぶねん

pic.twitter.com/JtxptMP4fZ
まだ赤ちゃんだから仕方ないよねー
(と言ってみる)
妖精ミルクを外すときの ちぃたん☆のキレのある動きが好き
カメちゃん☆
ちぃたん☆は0才の赤ちゃんだから転ぶのは仕方ないわね~☆でも走るのは本当に速いわね~(*⌒▽⌒*)☆走り方もすごく可愛いね~☆大好き❤カメちゃん☆ですっ☆
ゆっきーなは、いたずらっ子やな~!
あっ、カメちゃん大丈夫? pic.twitter.com/B1XcAJvTAm
※画像は別タブで開きます
画像
ハロウィンがニチアサに乗っ取られ最終的にラッコ鍋からの相撲中継に乗っ取られたフレンド欄です 誰か助けて pic.twitter.com/cnBJwiAYjH
画像
画像
画像
画像
FF外失
普段はチヤホヤされまくるの大好きなビッチのメイヴちゃんが、
タニキと居るときは恥も外聞も捨てて一途に積極的にアプローチするのほんと可愛くて好き…
トップへ戻る