面白&話題のツイート part468

どら焼きかじられ事件が発生したので、疑わしい犯人を問い詰めていたら彼女を守るかのようにイケニャンが割って入ってきた。なんか、ごめんなさい…。
画像
激しい攻防の末、犬が勝った 在宅勤務おじさんの苦難は続く
画像
画像
画像
地元のパン屋さんにオリジナルパン作成のリクエストシートが置いてあったので書いてみた。
最初はシャレだったけど、だんだんその気になってきて
提出に至り本気でコレを食いたくなってる。
しげぱんさんお願い!作って!!
画像
ジョイマンみたいな見出しで笑っちゃった
画像
新型コロナとか外出自粛とか関係なく、家から出られない理由がそこにある
アマプラで無料の大科学実験、やたら金のかかった訳の分からない絵面が飛び出してくるので面白い
画像
志村けんが大、大、大好きな旦那さんに元気になってもらうためにサプライズでバカ殿になって帰りを待っててみたら泣いてしまった。きっと仕事中たくさん我慢してたんだね。
#志村けん
#志村けん追悼
#バカ殿
厚労省「LINEやってる?どこ住み?熱ある?」
5年交際している彼氏がいた時「一緒にいて楽だけど家族みたい」「恋愛じゃなくね?」「このままじゃ駄目な気がする」って漠然な不安があって結局別れたけど、数年経ってやっと気づいた。あれから数百人の男と出会ったけど「一緒にいて楽な男」なんてどっっこにもいねぇし家族みたいな彼氏欲しすぎる今
ヨーロッパにはね、タイムマシンで3週間前に戻って自分の行いをやり直したい人が沢山いる。何故あの時実家に帰省したのか、街に友達と出掛けたのか、3週間前の行いを死ぬ程悔やんでる人達が山ほどいる。彼らにとって日本は今「やり直したかったあの時」にギリギリいるのでは。他国の失敗から学ぼう。
志村けんがどのくらいポピュラーか分からないという方のために説明すると、「最初はグー」を考案した人です。
一人の死をこれだけ悲しむことができる人々が、なぜこんな政治に従ってるのかが分からん。森友改竄で人が死んでもへらへら笑って、西日本豪雨で宴会帰宅帰宅して、台風15号でも被災地無視してラグビーツイートを続けて、パンデミックの入り口でも会議より会食三昧だったアホを許してるのかが分からん。
トップへ戻る